Latest posts

【citrus:シトラス】第5話 感想『under lover』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『citrus(シトラス)』第5話の感想まとめを掲載している。

第5話『under lover』

STORY|あらすじ

「わたくしと会長は、一線を越えた仲なんですのよ!」と姫子に宣言された柚子は、自分も一線を越える! と対抗心を燃やす。 学校でも、どちらが芽衣と一緒にランチをするかを争う二人だったが、芽衣に一蹴され仲良く落ち込むことに。 そんな二人に、遊園地のチケット4枚があるので生徒会長も誘って皆で行こうと、はるみから提案があり……。

REACTION|感想

2018-02-04
電車の中で一線を越えようとするなww


2018-02-04
芽衣の耳が弱いって設定がいいっすねえ…


2018-02-04
パパこんな感じなのかw


2018-02-04
パッパ思ったより軽いノリの人ですね…


2018-02-04
誰か知らない人にいきなり抱き着かれても
このテンションのゆずっちすごすぎるだろ
痴漢しても許してくれそう


2018-02-03
家族が必要か。。。
ずっと寂しかったんやろうな

最後のパパなのか先生なのかはどういうことなんだろ…


2018-02-03
物語のキーになるキャラなのに
これまでずっと謎な存在だった芽衣パパ、
あの柚子ママと結婚(再婚)しようってんだから
相当なクセ者なんだろうなと思ってたら案の定……。

雰囲気的に柚子とは馬が合いそうだけど、
それはそれとして柚子には芽衣のために
一発ぶん殴るくらいの気概を見せて欲しい


2018-02-03
一線越えてドヤってた姫子ちゃんだったけど
めいめいの方は全くそんな風に思っていなかったか。
どうりで柚子ちゃんとはるみんがあ〜んしていたのを
見ただけで間接キスって騒いでいたわけだ
まあレzはすぐその気になるからしょうがないな


2018-02-03
電車の中で耳を舐める衝撃展開でぶったまげ、
柚子のお父さんで泣きそうになり、
姫子と芽衣の友情で泣きそうになり、
芽衣の父親が出て来て次回が楽しみすぎる。


2018-02-03
柚子っちが姉らしくなってきたというか
姉として芽衣を優しく包み込んでいてとても良い

何でもとまではまだいかないけど徐々話せるように
芽衣の方からも話してくれるようになり
2人の関係が少しづつ変わり始めてるのが分かるのが最高。

やっぱ感情の機微を凄く丁寧に描いてるな


2018-02-03
来週はあのキスシーンがくるぞ…
まつりもくるぞ…どきどき!!!!


331:
今週も面白かった
引きがいつも上手いねえ


403:
受け攻めが激しく入れ替わるの好き


344:
たまたまお姉ちゃんになったから柚子の純粋で一生懸命なバカってのが良い方に作用してるんで、
生まれ順が逆だったら悲惨なことになっていたのかもなどと想像させられた今回


345:
構想段階では姉妹設定が逆だったらしい。


349:
SDと極力本筋に関係ない所省いてコンパクトに纏めてたな
桃木野さんへの釘刺しはいいがクレープの会話がカットされてるのは残念だった


351:
今回は話がちょい駆け足だったかな。
原作の断髪式、結構好きだったのにカットか。
柚子が芽衣の背中をペンでくすぐるのもカットだし。


352:
漫画だとちょろっとだけの描写でも、
アニメにすると意外と尺を取ったりするから、難しいんだよね


360:
クレープの会話カットは残念というか今回は駆け足ぎみだったな
次で2巻終わらせるためには今回親父出すの必須だったし仕方ない
墓での芽衣の笑顔はかなり良かった


362:
姫子とも仲良くなりそうで良かった

父親気さくそうだと思ったら何やら不穏な空気が…


480:
四人で遊園地行こうとか
はるみん神話クラスの女神だわ


481:
パパが思ってたより破天荒そうだった


478:
美人3人に囲まれる生活なのに
帰ってこないとかホmなのか、この父親


377:
妹に必要なのは恋人じゃなくて家族なんだ、
好きな人のために好きな気持ちを諦めるっていうセリフが良かった
だんだんいいユリアニメになってきたと思う


406:
何とか表情は保ってるけど作画ペラペラになってきたなw
後半はかなりやばいと見た


408:
まあ今回は溜め回って感じだったから温存したと思いたい
電車内とかドリルの泣き顔とかは力入ってたし


409:
名シーンだけちゃんとしてくれたらいいよ
次は前半の見せ場だから本当に楽しみ



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。