Latest posts

【BORUTO – ボルト】第60話 感想/考察|サラダVSアラヤ/ミツキVSシンキ

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』第60話の感想を掲載している。

第60話『木ノ葉隠れVS砂隠れ』

STORY|あらすじ

トーナメント戦もいよいよ大詰め。サラダVS砂隠れのアラヤ、ミツキVS砂隠れのシンキの対戦が始まる!サラダVSアラヤの試合。サラダは得意の手裏剣術と写輪眼を使い次々と攻撃を仕掛けるが、アラヤはまったく動じることなく攻撃をかわしサラダを追い詰める。写輪眼の幻術も効かず焦るサラダだが、以前、母のサクラから聞いた話を思い出し……!?そしてミツキVSシンキの試合では、互いに力を温存したままでの好勝負が繰り広げられることになる。

REACTION|感想

anonymous:
まぁ三つ巴で同じ班二人がいたらこうなるよなぁw
それでも勝てる気がしないのは凄い


anonymous:
ミツキでも勝てるかわからないなんてシンキ強すぎる


anonymous:
中忍試験ちゃんと最後までキッチリやってくれるの嬉しい
ここからどうやって劇場版の後半に繋げるのかな


anonymous:
サラダに豪火球教えるサスケとか、見たかった
ミツキ、ミツキらしい戦いだった、やべぇ、あつい

次はまさかの三つ巴戦かぁ


anonymous:
サスケの台詞最高だった。うっかり涙出そうになったw
ボルトはその最高の仲間を自分が最悪の形で裏切ってるって事にいつ気がつくかな・・・


anonymous:
ミツキやばい!かっこいい
ボルトを見つけた時のあの笑顔
(っ’ヮ’c)ファァァァァァァァァァァwwwwww
死ぬよかっこよすぎて死にそう


anonymous:
アラヤがまさか傀儡とは驚き。
ミツキの仙人モード見たかったけどまぁそのうち見れるか。
サラダ、ボルト、シンキの決勝楽しみや。
でもボルトのズルがバレるのよね


anonymous:
これまでボルトの活躍をじっくり見てきたから
中忍試験の不正は映画の時より精神ダメージが凄いんだろうなぁ…

あーもう苦しい


anonymous:
サクラちゃんの健気さを「はいはい、ごちそうさま」くらいに流すサラダちゃんだけど、実際にサクラちゃんの過去を見たらめっちゃサスケくんに怒りそうだけどなサラダちゃん。
改めて思い返す度、サスケお前本当サクラちゃんに感謝しろよなってなる。


214:
アヤラ君傀儡でしたか
「お先に決勝進出決めちゃってw」とか言ってるけどあーた不正してるでしょうがぼっさんw
ルールの穴をつくとか風影様もずっこい
サラダの火遁豪火球の術でたー。小説の設定生きてる
サスケがボルトに修行つけて自分の昔話をしたり
サラダとサクラの会話があったり
10班の焼肉Qでのやり取りがあってモエギ先生の土下座待ったなしだったり
ミツキとシンキのバトルがあったり、なんかいつもよりいろいろ濃かった


218:
シカダイ「木ノ葉の人間になった母ちゃんの立場がねえだろ」
サラダ「ママの子だもん」
ミツキ「親に迷惑かけるからかな」
シンキ「養父上(ちちうえ)の名に懸けて」

皆それぞれ親の体裁とか立場とか気にしてるんだぞ
ボルト聞いてるかー?


222:
>>218

勝って父ちゃんに認めてもらうとしか頭にないな


216:
ナルトはスタミナ自慢なのに過労で倒れるほど仕事する
サクラは月に休みがほんの少ししかない
サスケはずっと出張してて里に帰っても解析とサラダやボルトの修行見てる

社畜隠れの里に


223:
遠回しにボルトに忠告するサスケは師匠っぽい気がする


228:
>>223
下手にその場で言うより本人が一度痛い目にあってからそこからすくい上げる教育方針だから
スパルタではあるけど優しさある師匠してる


224:
科学忍具使用はバレるだろうけど、あの流れから考えると劇場版や原作以上に風当たり強くなるだろこれ。


225:
二次試験やシカダイ戦はともかくユルイ相手にはサスケの手裏剣覚えてたら普通に勝ってたし
サラダもサスケ仕込みの豪火球で勝ってたしサスケの教え地味に凄いぞ

NARUTO全編通して豪火球が決め手になった初めての戦いじゃんよ


227:
仲間に不正について謝る話を一話使ってやりそう


229:
モエギ先生の百面相面白かった


230:
五班は坊っちゃんが奢ってくれそう
七班はハンバーガーだから木ノ葉丸の財布に優しそう
十五班は女ばかりだから金かからなそう

モエギは悲惨



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。