Latest posts

【ゴールデンカムイ】第2話 感想『のっぺら坊』

Comment [ 1 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『ゴールデンカムイ』第2話の感想まとめを掲載している。

第2話『のっぺら坊』

STORY|あらすじ

杉元とアシㇼパは埋蔵金の手がかりを求め、北海道一の商業都市である小樽の街へと出向く。あまり有益な情報は得られなかったが、帰り道に後をつけてきた脱獄囚のひとりを罠で捕えることに成功。その男を尋問し、脱獄囚たちは殺し合いの末に散り散りとなり、刺青を彫った男が「のっぺら坊」と呼ばれていたことを聞き出す。そんな中、男が何者かによる遠方からの射撃で殺される事態が発生し、杉元とアシㇼパに緊張が走るッ……!

REACTION|感想

2018-04-16
やっぱり2話も面白かった


2018-04-16
1話より2話のが本領発揮って感じあった


2018-04-16
いやぁ~~濃かった~~おもしろかった~~


2018-04-16
原作未読組だけど、これ、素直に面白い!


2018-04-16
白石ww
最後一気に土方歳三も鶴見中尉も出てきて
いよいよ物語が始まった回だった!
EDの映像もアツくてもうホント楽しいな!!


2018-04-16
まだまだ序の口だろうけど、
ゴールデンカムイの面白さが分かってきたかも!
これからも楽しみ!


2018-04-16
おおお滅茶苦茶面白い!
特に後半のシリアスなギャグめっさ笑えた!
戦闘シーンも緊張感あって迫力あるし(作画もちっといいといいなとは思う)、
杉元さんもアシㇼパちゃんもいいキャラだし大変良い……


2018-04-16
こういう感じで敵だか味方だかわからない人たちが
これからゾロゾロ出てくるんかね。楽しみだわ。


2018-04-16
杉元も凄いが
白石とか尾形もよく生きてたなw
このアニメ超人しかいないw


2018-04-16
チタタプチタタプw
ヒンナヒンナww
砕け散る緊迫感w
漂う筈の緊迫感を片っ端から打ち砕く杉元&アシリパの破壊力w


2018-04-16
ネタが盛り沢山で内容も面白いんだけど作画が気になる。
もう少し迫力ある絵で見たかったな。
今回アシリパさんの料理や顔芸が垣間見れたのはよかった。
脳みそは食いたくないわ。
白石も出オチながら面白かったしこれから期待


2018-04-16
原作の絶妙な顔芸が表現しきれてない。不満だ


2018-04-16
アニメはちょっとお上品、
もっと振り切ってもいいんだぞ


2018-04-16
これおもしれーな!
杉元の人間性が良い。
アシリバさんもたくましかわいい。
軍も追っててしかも土方歳三だと!?
目潰し数秒間も効いてない杉元不死身すぎ。


2018-04-16
2話の作画少しフワフワしてたけど、
白石とのやり取りのテンポ最高じゃんかよぉ。ありがとう!


2018-04-16
一巻終了
作画色々言いたいことあるなぁ
まあ白石出てきてかなりテンション上がったわ
鶴見中尉の一言もあったし演技の点では文句無いなぁ
原作の方が今の所、倍は緊張感あって面白いのが辛い
来週からに期待


2018-04-16
大自然の描写とかキャストさんの人選は素晴らしいけど、
全体的に作画が残念なのと、アシリパさんの顔芸にまだ遠慮が残ってる感ある


2018-04-16
アクション面はまぁしょうがないとしても(二話だし)
杉元とアシリパさんのやりとりとか雰囲気はかなりいいと思う。
元々ストーリーやちょっとしたエピソードが効いてるタイプの作品だし、
最低限でもそこ押さえてくれるならアリかなという印象


2018-04-16
なんだろう。話の内容はえぐいのに
登場人物の精神が安定しているせいで、
こちらも安定して観れる。

生きるために食べて、食べるために殺して、
殺されないよう生きていく、っていうのが
本当に普通のこととして描かれてるんだな


2018-04-16
意外にサクサク進むな
回想シーンを省略したのは評価できる
何回やるのか知らないけど12回ぐらいだとしたら
辺見くらいまで行きそうだな
エンディングにキロランケ出てきたから
もっと進むのかな?


2018-04-16
2話で1巻分消化か
辺見までやるからやっぱ駆け足になるね

次回の谷垣の登場に期待


2018-04-16
これだけの話題作なのに作画がイマイチ。
CG感丸出しの川の流れの表現酷い(´・(ェ)・`)
1話のヒグマも酷かった。
原作が良いので見られる作品にはなってるけど。
声優さんには不満無し。


2018-04-16
杉元の声優さん、1話では
ギャグパートでの声を想像できなかったけど
なかなかいい感じの3枚目っぷりで安心した。

ただ作画が残念だったな。
せっかくの尾形・白石らの登場回だし。作画班超がんばれ…。
リスの脳みそ食べた杉元の変顔が好きなので、
そこを再現してくれたら最高だった


2018-04-16
アシリパさん可愛すぎる
作画そんな酷いか? 全然気にならぬわ


2018-04-16
やはり原作の力もあって熱量凄い作品だな。
熱と言っても燃えさかる炎というよりマグマが蠢いてる感じ。
単なるエンタメに捉われず、とても深いメッセージ性や精神性を感じるよ。


2018-04-16
一応今回、アシリパさんも杉元も変顔してくれたけど、
原作の破壊力がすさまじいからあれを忠実に再現するのは厳しいのかな・・・
アシリパさんの数々の変顔もアニメではマイルドになるんだろうか


2018-04-16
シリアスだったり、飯テロというか食育だったり、
かと思えばシリアスなギャグだったり忙しい展開だぁ。
同じ罠でもその後の展開が全然違うのが面白かったです。
必死なのはわかるけど、そこで決め台詞は笑っちゃいます。


2018-04-16
2話面白かった〜!
チタタプのシーン割と時間割いてて
格闘シーンより作画してて面白いし嬉しい。
脳みその顔芸もっと濃くてイイ。
白石出てくると喋りとユーモラス感湧いてくるね。
アイヌの、わたしは慣れてる→慣れる必要なんか無いんだぜ…の杉元の言い方すき〜〜来週も見ます!



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

1件の返信

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1WebEditor
    より:

    ドイツ語って低文脈言語の筆頭で、言い手が言いたいことを全部説明することが要求される文化なんだよ。英語もこっちに含まれるかな。逆に日本語は高文脈文化で、聞き手が話し手のヒントから察して言いたいことを理解することが要求される文化。 文脈文化が違うと相手がズケズケ言ってきて配慮がないとか、逆に言いたいこともはっきり言えないのかと思われたりする。 ドイツ人と関わってるとマジで言いたいこというけど、本当に嫌味で言ってるんじゃなくて「感想」なんだよな。自分はこう思ってますって事をストレートに言ってくる。これが合わないとぶっきら棒な印象になるんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。