Latest posts

【遊戯王 VRAINS – ヴレインズ】第61話 感想/考察|闇より出でし絶望、マジで登場w

Comment [ 5 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『遊戯王 VRAINS – ヴレインズ』第61話の感想を掲載している。

第61話『闇より出でし絶望』

STORY|あらすじ

草薙の連絡を受けて、新たに出現したゲートへと向かったPlaymakerとSoulburner。しかし、そこに仕掛けられていたブラッドシェパードの罠によって、Soulburnerは捕らわれてしまう。そしてブラッドシェパードは、Soulburnerの秘められた記憶を探り始める…。

REACTION|感想・考察

anonymous:
ほんとに闇より出でし絶望だったwww


anonymous:
タイトル通りとは恐れ入った


anonymous:
【朗報】闇より出でし絶望、シリーズで初めてフィールドに召喚される


anonymous:
対ソウルバーナーメタカードと化した闇より出でし絶望


anonymous:
そういや闇より出でし絶望、初めて登場したのは万丈目だったね

なおアームドドラゴンのコストにされた模様


anonymous:
初の現実でのデュエルに安心感ある。
穂村に主人公のオーラ出てきたな。


anonymous:
なんか回想で終わっちゃった
闇より出でし絶望の待遇良すぎ、次も出てくるの?ww


anonymous:
来週は尊くんトラウマをめちゃめちゃに刺激されるんだな…
たくさんの絶望顔をお待ちしております!


anonymous:
ソバ君がお化け苦手になったのも
闇より出でし絶望のせいなのかな


anonymous:
バウンスされて終ったバブーンよりも
絶望さん優遇されてるやん

来週も出てくるし


anonymous:
ソルバの詳細な過去編でした。
しかし穂村がデュエルどころか機械類にめっぽう疎かったのは意外。
デュエルはそりゃトラウマになるよなとは思いましたが。

機械類に疎く、不霊夢がなかなか接触が出来なかった結果
プレメ達と色々タイミングがずれたのもありそうですね


anonymous:
タイトルのみと思われた闇より出でし絶望が、実際にフィールドに登場!
ストーリーにも絡むとは、かなりの優遇ですねこれは…

まぁ効果は使いにくいのか、使われずに打点要因的な立ち位置だったのは仕方ないなw
他にもフェニックスギアフリート等懐かしいカード達が出て来て嬉しかった!



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

5件のフィードバック

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    Soulburner VS ブラッドシェパードの決着がつけば次はハノイ再始動となったリボルバー率いる「ハノイの騎士」がボーマン率いる「ソリティア」の拠点に向かう。サイバース世界の崩壊の原因を調べるリボルバー達は草薙仁の意識データとサイバース世界崩壊を計画したボーマン達の居場所を察知する。ボーマン達の黒幕は「ハノイの騎士」が出現した事によって侵略を開始する。侵略を阻止する「ソリティア」は千人規模実行部隊を組織し「ハノイの騎士」壊滅に入る。復活後、ハッカー集団「ハノイの騎士」はかつての構成員をここに結集し千人規模実行部隊を再び組織しリボルバー率いるハッカー集団「ハノイの騎士」VSボーマン率いるハッカー集団「ソリティア」の「壊滅戦決闘(デストラクション・デュエル)」を開始する。イグニス捜索を懸けた団体戦で行う。

  2. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    遂に明かされた尊の過去。ロスト事件の後、尊が学校に行けなくなり町の不良グループとケンカする様になったのは絶望に導いたのが原因となっている。尊がまだPlaymakerの正体を知るまで尊がDen Cityへとやって来た真相が探り始める。学校に行けない理由と両親が事故で死んだ原因が分かるまでPlaymakerがハッカー集団「ハノイの騎士」を壊滅した新聞を見るまで驚いた出来事が不霊夢が尊に真相を語り出した時から尊とPlaymakerが「ロスト事件」の被害者だったと始めて聞いた時から尊はデュエルをしないと約束したが不霊夢が尊が早速するため事実を尊に全てを話した時から尊にデュエルを再び闘うことを決心した。尊の記憶を巡るデュエルに十年前の事故の真相に迫る。尊がボーマン達を追っている理由がブラッドシェパードの呪縛から逃れられるのか。不霊夢が尊を選んだ理由にも深い闇がある。転生リンク召喚を手にした事にも関係がある。尊が不霊夢に「ロスト事件」の真相を語ったとき尊が両親の事故の原因がボーマンの黒幕と深い関わりを持つ。穂村尊記憶編の真相を書かれていく。

  3. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    === 壊滅戦決闘(デストラクション・デュエル)の参加者 ===
    ハッカー集団「ハノイの騎士」
    リーダー:リボルバー
    スペクター
    幹部:ファウスト
    幹部:バイラ
    幹部:ドクター・ゲノム
    構成員:千人規模精鋭部隊

    ハッカー集団「ソリティア」
    リーダー:ボーマン(兄)
    リーダー:ハル(弟)
    構成員:千人規模精鋭部隊
    その他

  4. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    大企業「SOLテクノロジー社」
    セキュリティ部長:財前晃
    バウンティーハンター:Go鬼塚
    バウンティーハンター:ブラッドシェパード
    電脳トレジャーハンター:ゴーストガール
    電脳トレジャーハンター:ブルーガール

  5. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    ブラッドシェパードを倒す為、絶望を体験したSoulburnerは両親を事故の真相と尊がDen Cityへと来た目的を果たす為、尊の新たなエースモンスターを降臨する。尊と不霊夢がボーマン達を追っている理由が明らかとなる。遊作が鴻上博士に復讐を果たす為、「ハノイの騎士」を壊滅した様に尊にもボーマン達を追っている深い闇が起こる。Soulburner VS ブラッドシェパードの決着を見逃すな!そして、アレキサンダー・ワールド事件、リボルバーVSボーマンのデュエルでリボルバーを倒しイグニス抹殺の資格を得たハッカー集団「ソリティア」はPlaymakerとSoulburnerと決着をつける。Soulburnerの復讐が開始する。そして、『遊☆戯☆王VRAINS』第三章では風のイグニス・ウィンディの新たなパートナーはロスト事件の被害者に変わる3人目の主人公は殺害事件の犯人に復讐を果たす復讐鬼が「LINK VRAINS」に現る。SOLテクノロジー社と関わった十年前の殺害事件の遺族が首謀者に復讐を果たす為、謎のハッカー集団を追い真相に迫る。遊作と尊の新しい仲間になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。