Latest posts

【遊戯王 VRAINS – ヴレインズ】第51話 感想/考察|穂村君、主人公力が高すぎる

Comment [ 3 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『遊戯王 VRAINS – ヴレインズ』第51話の感想を掲載している。

第51話『カリスマを捨てた男』

STORY|あらすじ

SOLテクノロジー社のバウンティーハンターとなったGo鬼塚は、指名手配中のPlaymakerとイグニスであるAiを見つけ出しデュエルを強要する。だがそこで、Go鬼塚の前にSoulburner(ソウルバーナー)が立ちふさがりPlaymakerを守るためにデュエルを挑む。

REACTION|感想

anonymous:
ほむほむが熱すぎて、なんだこの主人公ww


anonymous:
Go鬼塚プライドも地位も名誉も捨てて同時に剛鬼も捨ててきて笑う。
ダイナレスラー自体は嫌いじゃない


anonymous:
鬼塚さん視点から見たら辛いわな
どこ行ってもPlaymakerの話を振られるんだから


anonymous:
ソウルバーナーが大体全部言いたいことを言ってくれた。
鬼塚のキャラ性本当に好きやで。


anonymous:
どう見ても田舎ヤンキーだぞ過去のソバくん


anonymous:
ほむほむめっちゃヤンキーだわ


anonymous:
穂村くん熱いのかヘタレなのか
真面目なのかヤンキーなのか
いよいよもってわかっていない


anonymous:
穂村くん、田舎のヤンキーみたいな格好→大人しい学生風→ソウルバーナーとイメチェンが激しい


anonymous:
現実ではかなり抑えてるけど
リンクヴレインズ内では
ヤンキーの部分がかなり出てきちゃってるのかな


anonymous:
この展開見せられたら、ほむほむが裏切るとは思えねぇな。
もともと思ってないけど。


anonymous:
ソウルバーナーとフレイム良いキャラしてるわ〜
さらに面白さが増したと思う


anonymous:
ほむほむのひきこもりって山に籠って修行?してたとか
そういうアクティブなひきこもりな気がしてきた


anonymous:
何か熱そうな流れやってるけど
鬼塚の意味のわからん話にポッと出のソウルバーナーが説得役やってるせいで混沌としてるぞ


anonymous:
これソバくんが本当に裏切らない限り
実質主人公交代でしょってレベルでソバくんの主人公力高い


anonymous:
ここまで来たらsoulburnerが仲間なのは疑う余地が無いわけだけど
万が一これで本性がベクターだったら視聴者が全員アナザーになってしまう


anonymous:
二人にいがみあってほしくないと、
鬼塚とデュエルする役を引き受けたりと、
気遣いもできる素直熱血系なソバ君の好感度が上がりまくり

炎属性だしソバのホビーアニメの王道主人公っぽさが凄くて、
VRAINS知らない人に今回の話見せたら、間違いなくソバが主人公だと思うだろうなと感じましたね


anonymous:
鬼塚がカリスマの立場を引いた理由が明らかに…
あんだけ遊作の事言われるのは嫌な気持ちはわかるけど、
ここまで自分の立場をぶち壊してまで他人を気にしまくるのはGO鬼塚らしくない…
Soulburnerの視点からしたら負け犬発言もすげぇわかる…
鬼塚は自分を取り戻せるのか…

次回が楽しみだ!


anonymous:
気づいたらカリスマデュエリストになってたのと同時に
気がついたらplaymakerへの勝利に固執していたっていうのは皮肉だよなあ。
周りに追い込まれてるうちに自分自身を見失ってしまってる


anonymous:
ナンバーワンという肩書きに固執する鬼塚。
「気が付けばカリスマ決闘者にまで登り詰めていた」の通り、
肩書きに目もくれず己を磨き続けるからこそカリスマになれる。
けど今の鬼塚はplaymakerを倒しナンバーワンになるって肩書きが目的になってしまってるのよな。


anonymous:
今回、GO君の気持ちもかなり分かるというか、
実際一度も遊作に勝ててないのも相まって
どうしても精神的な壁になってるのは否定できないよなって感じでした。
遊作は悪くないけど強者であるがゆえに、二番になってしまう人がいるわけで。
でも勝負事であれば切っても切れない話ではあるんだよね


anonymous:
穂村くんは元ヤン確定みたいだね
来週祖父母出るみたいだし
彼のバックボーンが楽しみだ



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

3件のフィードバック

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1匿名
    より:

    SoulburnerVSGo鬼塚の闘いが遂に始まった。既にSoulburnerが動き出した。憧れのGo鬼塚を倒すべくSoulburnerが恐怖から解放したGo鬼塚を救うためSoulburnerは新たなエースモンスターを降臨する。元カリスマデュエリスト、バウンティーハンターのGo鬼塚の最後のデュエルとなるGo鬼塚の命運が繰り広げられる。そして、Playmakerはバウンティーハンターのブラッドシェパードにデュエルを仕掛ける。遂にブラッドシェパードの力が明かされる。PlaymakerとSoulburnerは進入禁止エリアから突入されるのか。そして、謎の集団の組織名が明かされる。そして、第3章、草薙仁の代理となる3人目の主人公、風のイグニスの使い手が遊作と尊の仲間となる。

  2. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1匿名
    より:

    VRAINS
    :被験者
    :: 藤木遊作/Playmaker
    :: 穂村尊/Soulburner
    :イグニス
    :: Ai
    :: 不霊夢

    ハッカー集団
    :ハノイの騎士
    :: 鴻上了見/リボルバー
    :: スペクター
    :??????
    :: ボーマン
    :: ハル

    SOLテクノロジー社
    :セキュリティ部長
    :: 財前晃
    :バウンティーハンター
    :: ブラッドシェパード
    :: Go鬼塚

  3. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1匿名
    より:

    VRAINS
    闇のイグニス所有者 :: Playmaker
    炎のイグニス所有者 :: Soulburner
    風のイグニス所有者 :: Thunderbird

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。