Latest posts

【遊戯王 VRAINS – ヴレインズ】第37話 感想『我が母なる樹』

Comment [ 2 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『遊戯王 VRAINS – ヴレインズ』第37話の感想を掲載している。

第37話『我が母なる樹』

STORY|あらすじ

エースモンスターの「エクスコード・トーカー」で「聖蔓(サンヴァイン)」の猛攻に耐えるPlaymaker。彼を仕留めるべく、「聖天樹(サンアバロン)」はいよいよ最終段階へと成長。恐るべき効果を手に入れPlaymakerに襲い掛かる。絶体絶命のPlaymakerにスペクターがとどめの一撃を放つその時、Playmakerは…。

REACTION|感想

2018-01-31
くっそ熱い展開だった


2018-01-31
最初は中ボス程度だと思ってたのに
スペクターさんすごい活躍だったなー


2018-01-31
最後まで素敵なキャラだった
迷いと後悔は別かもしれませんよ……きっとそうなんだろうな


2018-01-31
スペクターさん…なんだか悲しいな


2018-01-31
現実の木を伐採されて今回燃やされて
母親を2回も失ってるって思うとなぁ


2018-01-31
今回はヴレインズの中ではトップクラスの神回だったな


2018-01-31
リボルバーに魅せられて未練を断ち切ったといいつつ、
捨てたはずの俗世への未練の象徴であるサンアバロンと共に
心中するスペクターの最期、とても良かったよ


2018-01-31
あれだけヘラヘラしてたスペクターさんが
デュエルでの勝敗やリボルバーの名前を出された途端にマジ顔になるの良い…


2018-01-31
もはやオープニングと
エンディングの登場人物
過半数以上退場することになるとは


2018-01-31
エンディングの死人の数がZEXAL並


2018-01-31
財前兄妹切ない…
今のところ登場人物全員救われないか不幸に見舞われてる。


2018-01-31
さて、正直後々に尾を引きずるような気がする決意と勝ち方だったがどうなるやら


2018-01-31
遊作のキレ顔めっっちゃ鬼気迫ってて良かったなぁ
復讐者でありヒーローなんだよなぁ


2018-01-31
先週のポエムも今聞くと本当にくる

幼い頃、居場所はそこにしかなかった…
大きな樹があるだけの何の変哲もない場所。
だが、樹に寄り添うと不思議と心が安らいだ。
その温かさは紛れもなく、母の愛そのものであった…


2018-01-31
迷いを斬り捨てた遊作はかっこよかったけど……
スペクターさんのセリフが引っ掛かるんだよな。
迷いを持たず進み続けて、いざ全てが終わった時に
遊作が振り返った先に、後悔しか残っていなかったなら……
復讐を終わらせた遊作は、本当に幸せになれるのかな


2018-01-31
草薙さんのハッキングが不発に終わるとは思わなかった。
スペクターは終始やべーやつでとても遊戯王らしかった。
てか、来週また総集編なんじゃ…


2018-01-31
ええ、このタイミングで回想?
どんだけ振り返るんだ、遊戯王……


2018-01-31
リボルバーさんの過去話であることを願おう


2018-01-31
今までも定期的に総集編をやっていたせいで、
次回もハノイの掘り下げより総集編だという予想が多い。
うん、俺も総集編な気がする。


966:
スペクターいい悪役だった
味方として次出てきそう


968:
おかーさんぶった切られたり燃やされたり散々やな


969:
面白いけどまた総集編の予感
遊作、どうにかしろ


972:
また総集編とか多過ぎるだろ


971:
ところで鬼塚の霊圧が


974:
自分から犠牲になる財前のヒロイン力 ただし兄の方
スペクターはリボルバーが仲間になったら自動的についてきそうである
作画良かったけどやっぱり総集編前だからリソース割けたんだろうか



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

2件のフィードバック

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1ZERO
    より:

    破壊者「サイバース・リンク」
    No.01 草薙仁/Starfuneral=黄色のAi
    No.02 鷹丸湊/Visitation=オレンジのAi
    No.03 藤木遊作/Playmaker=紫のAi
    No.04 スペクター→エリカ・バローネ/Sterben=緑のAi
    No.05 齋藤倉間/Clearstream=赤いAi
    No.06 ブリジット・フェレ/Billboard=青いAi
    ハッカー集団「ハノイの騎士」
    リーダー・プロメテウス
    三騎士・グラント、バイオ、マウス
    構成員
    大企業「SOLテクノロジー社」
    セキュリティ部長・安室シグナル
    管理情報捜査室
    構成員
    秘密結社「ゾルタクスゼイアン」
    社長・ユーロ/ブレイカー
    秘書・メアリ/エンジェル

  2. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1ZERO
    より:

    遊戯王ヴレインズ -ハノイの塔編-
    鴻上博士が実行したゲーム「ハノイの塔」、このゲームはデスゲームと呼ぶ人類滅亡のゲームと呼ばれる闘い。既に4021人のリンクヴレインズのデュエリストが消滅しハノイの塔の犠牲者となった。Playmaker率いる3人のデュエリストが「ハノイの塔」へ向かう。ハノイの騎士のリボルバーとスペクター、ゴーストガールを含め6人の大戦者がデスゲームを行うことにした。財前晃と北村はハノイの騎士の罠に引かれ消滅した。既に「デストラクションゲーム」の大戦者3人がハノイの塔の犠牲者となった。ハノイの騎士の総集編に突入する。ハノイの塔編後半に突入する。デストラクションゲームの大戦者は後3人のデュエリスト。Playmaker、リボルバー、Go鬼塚の3人が遊戯王VRAINSのクライマックスを迎える。最後の闘いとなる「LINK VRAINS」の最終決戦、残る3人がハノイの塔の最後の犠牲者となり新たな時代を飾り出す。そして、愈々幕開けの日、AIプログラム「イグニス」を使用する6人のサイバース族使いが集結する。遊作を含み6人の人類滅亡の者「サイバース・リンク」が殺し合いを始動する。イグニス本来の力がカード化になり6大戦でデスゲームを始める。遊戯王VRAINSⅡ。緊急特報、遊戯王VRAINS遂に終焉、デストラクションゲームの大戦者4人が脱落した。そして、残りの2人が決着をつける。1人目はPlaymaker、もう1人はリボルバーVSGo鬼塚の2人がどちらか勝利した者がPlaymakerと決着をつける。
    デスゲーム「デストラクションゲーム」
    -大戦者-
    Playmaker
    リボルバー
    Go鬼塚
    ブルーエンジェル *スペクターに敗れ脱落
    スペクター *Playmakerに敗れ脱落
    ゴーストガール *最初の脱落者
    -犠牲者-
    財前晃 *ハノイの罠に閉じ込め死亡
    北村 *スペクターに敗れ死亡
    4000人以上の一般デュエリスト *ハノイの塔の犠牲者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。