Latest posts

【少女終末旅行】第12話(最終話)感想『接続/仲間』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『少女終末旅行』第12話の感想まとめを掲載している。

第12話(最終回)『接続/仲間』

STORY|あらすじ

巨大な潜水艦の中を探索しながら、昔の人々がどんな暮らしをしていたのか知りたいと言うチト。ユーリになぜそんなことを知りたいのかと聞かれるチトだったが、上手く言葉にできない。潜水艦の中で見つけたチョコレートを食べるユーリに、チトがカメラを向けてファインダーを覗くと、そこに何か文字が浮かび上がる。何が起きているのか把握する間もなく、チトとユーリの前に浮かび上がったのは、これまで撮影してきた写真の数々だった。

REACTION|感想

2017-12-22
素晴らしいアニメだったな…


2017-12-22
最後の最後で神回出してくるの最高すぎる


2017-12-22
すごく良かった!

本気で心震えたわ。


2017-12-22
最終回、壮大なSFを見ているようだった


2017-12-22
今日が最終回か…
一番キリがいいのがこの話だし、綺麗に終わったなぁ。
写真のシーンはただただ圧倒された。


2017-12-22
少女終末旅行、めちゃくちゃ奇抜という感じのアニメというわけではないのだが
なんとも不思議な視聴感のあるアニメでしたね……

不思議な涙が溢れる


2017-12-22
お疲れ様でしたー。いやーいい死生観だった。
最終的に、あーそういう世界観なのねも分かったので良かった。


2017-12-22
世界の構造がなんとなく明かされるかなと期待していたらなんとなく過去が明かされた。
原作を知らないので、通り、だったのかは不明ですが。
結論的には、なるほど、わからん、という按配で良かった。
カメラから映像が出る演出やその他もろもろ良い最終回だった。


2017-12-22
キャストが多すぎる(普段が少なすぎる)


2017-12-22
最終話よかったー!
終始良い意味での雰囲気アニメで大好きでした。
もっとさりげない終わり方かと思ったら意外と核心に迫って終わった。
本当に終末なんだなぁ…というのが分かったけど、
この後の原作の終わり方が気になってしまった


2017-12-22
文明が止まってしまって人もいない世界でも
「生きてりゃ何かいいことがある」ってのが
隠れた大きなテーマなんだろうと思ってみてたけど、
がむしゃらに未来へ生きてるんだろうなと思えて面白かった


2017-12-22
ユーが飲み込まれた時に必死で助けようとするちーちゃん見てボロ泣きしちゃった(´;ω;`)
カナザワのカメラのデータで手を繋ぐシーンでも感じたけど、
人類はいつの時代もひとりでは生きれないんだなと。
ふたりが生きていく上で最小単位なのかもしれない。


2017-12-22
原作ファンとして言うことない最高のアニメ化でした。
見たい物は全部入れてくれたし、びう回や最終回も最高だったし、
さらにそこに百合成分を継ぎ足してて素晴らしく尊かったです


2017-12-22
切ない話だった
明るく終わってるが、あの世界が続いても
いずれチトかユーリどちらかが先に死ぬ
そのとき残された方の孤独は想像を絶するわ・・・


2017-12-22
こういう終末感とか、世界が滅んだ近未来とか、
Aパートの過去の生活の記録と滅びの記録をああいう曲と一緒に流したり、
Bパートの世界は終わるっていう、切なくて悲しくて、
でもなんか神秘的というか、素晴らしい最終回だった


2017-12-22
いつもと変わらない感じなんだけど
最後らしくキレイにまとまったのかなという感じ。
異世界物とはまた違った非現実的で絶望的な世界の中でのほのぼのとした話という、一見ミスマッチなんだけど、だからこそ惹かれるいい作品でした。原作読んでみようかな。


2017-12-22
思った以上に、今までの展開を踏まえた最終回らしい最終回だった。
「また2人」だけど、それでイイんじゃないかと思わせる幸せな百合エンドだった。
泣きながらチトがそれでも立ち上がるところめっちゃ良かった。
1話1話の完成度が高い良いアニメだったなぁ……


2017-12-22
少女終末旅行は何話で終わっても
いい最終回だったって言うんだろうなって思う、
そんなアニメだったな。毎回終末、終末と仲良くなった


389:
すげえいい終わりかただった


373:
いい最終回だった
チーちゃん一人で頑張るところでちょっと泣きそうになった


356:
時間をたっぷりと使って2話分(+過去の回想)で綺麗に締めた最高の最終回ありがとう、としかいえない


378:
素晴らしいアニメ化すぎた


395:
めちゃくちゃよかった
それしか言えんわ


362:
終わってしまった
タネ明かしされるとこんなもんか
何も気にしなくていい旅ってのは素晴らしいもんだ


363:
ノクターンはほぼ想像通りの接続の投影シーンで使われていたけれど、EDが雨だれの歌だとは思わなかった
でも彼女たちが持っている歌で終わらせるというのは、たしかにありな終わり方だったね


370:
世界のスイッチはもうとっくに切られていて、惰性で僅かに動いているだけ。
そんな残りカスのような世界でも女の子2人ぐらいなら生きていけるくらいの
物資は残っているけど、それもいつまで保つのやら。

数多のポストアポカリプスものの中でもぶっちぎりに終わっている世界観な
のに、なんか爽やかなエンディングだったなあ。
最後まで面白かった。


391:
ホントに食われたわけないんだろうなーと思いつつも不安を煽る演出にゾクゾクしてしまった


397:
動く石像キモッと思ってたらいきなり食われておぞましかったww


406:
>>397
ヌコはまだかわいげがあるが、成体は原作よりキモイ感じがあった
でも島本さんでエリンギとかw


400:
作画といい声優といい音楽といい演出といい作者の参加といい恵まれたアニメだったな
非の打ち所が無かった


403:
原作2話分で間延びするかと思ったら、逆に贅沢な時間の使い方でよかったな


407:
ラジオ食べられてひたすら「ぬー、ぬい」としかいわないぬこが、最後に「サヨナラ」というシーンにはゾクゾクした


439:
だから、ぬこ一族一体何だったんだよwww
得体が知れなさ過ぎるだろwww


442:
あー終わっちまった
金曜の癒しが

ちーちゃんかわいすぎか


450:
いい最終回だった
BDで持っておきたい、そう思わせるいい音楽にいい美術だった
まぁどうでもいいことだろう…のとこは原作のが好きだな 素っ気ない感じがいい
月に行こうってのを回収してくれるのはよかった
希望のもてる締め方にしてくれた


451:
これは作者もニッコリの良いアニメ化だったのではないでしょうか


472:
最初は気軽にみてみようか程度だったのに、凄い良かったわw


479:
原作のこの話は寂しさや切なさが残るような感じだったけど
アニメはほっこりするようなやさしい感じだったな
これもいい


480:
原作ファンも満足できるいいアニメ
今時珍しいくらいの忠実な作り


496:
>>480
原作既読組で違和感覚えたのは、
ユーリが街破壊したシーンのテンションくらいかな
でも、作者がアニメも監修してるんだから、あれで正解なんだろうな


503:
>>496
アニメは原作より感情マシマシ
原作は淡々としていて情緒ある
どっちも好き


483:
カメラの映像とかエリンギやぬこの正体とか
ここまでのゆったり感から一転して情報量の多い回で
なかなかめまぐるしかったけど最高だった
俺の中で今年ナンバーワン作品確定したわ


504:
平和な世界、不穏な兆候、黒歴史のランダム映像を
ショパンのノクターンで流すのはズルいわ
あんなん悲しいに決まってるじゃんか…

戦争は終わって争っていた国家は滅びてしばらく経ってるだろうけど、
法も秩序も戻らぬまま生きる為には争いが生まれてしまうんだねぇ
そうして最上層以外の人間はついに絶えたのか…
で、キノコあれは神の使いか?最上層産の浄化システムか?下層産の突然変異の新生物か?
単に救うんじゃなくて、人工の武器を排除して原始へ戻すだけってのが厳しくて良い感じ


505:
ヌコは結局 機械仕掛けの神で演出的に問題あるかもしれないけど、
まぁストーリーより雰囲気を味わうアニメなんで これはこれでありですな


515:
世界が終わっても二人でいられればいいじゃん、みたいなセリフは普通の世界のラブストーリーだと陳腐だけどこの世界観だとなかなか響くな



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。