Latest posts

【プリンセス・プリンシパル】第10話 感想まとめ『case22 Comfort Comrade』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『プリンセス・プリンシパル』第10話の感想を掲載している。

第10話『case22 Comfort Comrade』

STORY|あらすじ

かつて、ファームと呼ばれるスパイ養成所でアンジェとドロシーの同期生だった“委員長”。彼女は養成所時代、成績が2位から落ちたことのない優等生でもあった。今回、アンジェ・ドロシー・ベアトリスの3人に与えられた任務は、そんな彼女と共に海軍卿の居城から機密文書を奪取するというものであった。任務は無事に終了したかに見えたが、アンジェとドロシーにはもう一つの指令が与えられていた…。

case:1(ep.2)|2(3)|7(5)|9(4)|11(9)|13(1)|16(7)|18(6)|20(8)|22(10)

TWEET

黒星紅白‏ @kuroboshi
この後23:00からTOKYO MXにて『プリンセス・プリンシパル』10話放送!

REACTION|感想

2017-09-10
あああああああああああああああ!
ついにきちゃった!!!!
リアルに声でた
もうまったりなしで最終回まで突っ切るんだろうなぁ。。。
どうか、みんな生きて!


2017-09-10
しかし今週最後にあんな指令下されながら表情一つ変えないアンジェ、最初のうちは不気味とすら思うこともあっただろうに、今なら確実に「大好きな彼女以外には絶対嘘しかつかない」という激烈な覚悟があると言えて、もう言葉が出てこない


2017-09-10
10話視聴終了。
重く、哀しく、そして最後に衝撃という何とも波乱含みな回だった。
本当にゲストキャラに至るまでプリプリには無駄なキャラがいない。
どのキャラも実に魅力的に描いていると思う。
姫様抹殺指令を受けてアンジェはどうするか・・
一番死亡フラグがたったのはアンジェ。


2017-09-10
一番ありそうな結末はアンジェがプリンセス(偽)の代わりに死んでコントロールを騙す展開だよなー。んで残りのメンバーがプリンセス(偽)をフォローすると。

なんとか全員に生き残って欲しいぜ。


2017-09-10
話が、重いor軽いかという単純な区別はできないけど、アンジェの「私たちスパイだから」というセリフが、「業」を背負っている姿を感じさせる。今後、アンジェ達の誰かが犠牲になるかならないかはともかく、表の世界に出ない存在としての重荷が伝わりそう。


2017-09-10
ドロシーおばさん、父親の件といい色々重すぎる



2017-09-10
ドロシーさんは辛い想いをすることが多いな


2017-09-10
ああ…憧れって、そっちか…(´;ω;`)全く騙されたよ…
撃たなくて済むように、というより最後のお別れの為に、みたいな感じだったな…

次回は遂にプリンセスか…( ;´Д`)
でもこれ、入れ替わってるんだよなあ…


2017-09-10
予告あらすじで予想してたがまた重い展開ぶち込んできたな。
そしてやっぱりドロシーはこういう一番スパイらしくなくて人間味があるが故のこの辛みポジか……。後はラストに大きく動かしてきた話をあと2話で上手く纏めてくれる事に期待するのみだなぁ


492:anonymous
なんと言う超展開


499:anonymous
おい、どうするんだよこれ
先が全く読めねぇ


502:anonymous
このアニメドロシーに厳しすぎだろ…



554:anonymous
>>502
気丈な性格のキャラはだいたいこういう役回りだな


509:anonymous
このアニメ、ドロシーに厳し過ぎw
どんだけトラウマ植え付けるんだよ
車運転するベアトちゃん可愛い!!
何だかんだでベアトちゃん毎回スパイ活動してるよな


523:anonymous
アンジェが銃撃ち落として委員長助かるんだとばかり思ってたのに…


526:anonymous
一つ不自然に思ったのは委員長がなぜか動いたこと
自分が監視下に置かれていると分かったなら余計な動きを見せないだろ~


565:anonymous
>>526
委員長は死にたかったんだろう
多分、ドロシーに殺して欲しかった
それをアンジェが阻止したんだよ


575:anonymous
>>526
マークされてるとわかった時点であきらめてたのかもな


530:anonymous
ドロシー白鳩で一番普通なのに一番重てえなぁ…
指揮権は完全に軍部に移行してしまったか
対象の自殺は今回やったから少なくともプリンセスが自殺する展開にはならないかな
むしろ命令より仲間を取る前振りか、もしくはLの復帰により暗殺指令解除とみた


531:anonymous
・二人は忍者走りなのにベアト一人だけ女の子走り
・ドロシーに褒められご満悦
・アンジェに小脇に抱えられ小動物扱い
・車の運転で事故ったけどブレーキに足届かないし仕方ないね

実質、ベアト回



547:anonymous
万年2位である事とアンジェがトップである事を強調して残しておいた遊園地の回想でネタばらしとはミスリードと複線がうまい回だったな


661:anonymous
しかし毎回凝った構成だな
ドロシーが憧れと聞いた時はびっくりしたし
確かに回想で伏線はあるんだがな


568:anonymous
アンジェは姫と再会し一緒に国を変えるためという信念があるから強かった。
ドロシーは元々の性格で息抜きも上手かった。
委員長は言い方悪いが何もなかったんだな。可哀想ではあるが



591:anonymous
アンジェが入れ替わって身代わりになるのかな


598:anonymous
これアンジュ自殺でプリンセス死亡偽装ルートとかないよね


594:anonymous
衝撃的な展開のせいでベアトの犬笛機能が話題になってない


603:anonymous
やっぱり1クールで締めんのかな?
面白いから是非分割でもう1クールお願いしたいんだが。
話を変則的な時系列にしてるのもなにか仕掛けてる気もするし。


608:anonymous
アンジェが入れ替わりで死亡エンドにしか思えんけど
それだとプリンセスは今度は血反吐吐いてスパイになりきるのか


656:anonymous
ちせ・ドロは国を裏切るまでの理由がプリンセスにないからなぁ
アンジェと対決必死か…誰か死ぬかもな。。



第9話(case11)作秘話

  • 第9話は、チーム白鳩組の学園生活を描こう、という趣旨から始まりました。その方向性が決まって、ちせが転入してきてすぐの頃の話をしましょう、と大河内さんからご提案を頂き、すぐOKを出しました。まあ、ここまで楽しい話になるとは思いませんでしたが(笑)
  • 実はチーム白鳩の各キャラクターをちせが紹介する止め絵ですが、ベアトリスだけ、ちょっと恥ずかしい顔になっています。
  • 脚本打合せの際に盛り上がったのですが、いかに某国の食事が不味いか、力説される方が何名かいました。ちなみに私は某国に行ったことがないので、不味いかどうかは知りません。
  • この辺りのちせの勘違いネタは大河内さんのアイデアです。流石です。
  • ちせが漬物好きなのは、ちせのキャラクター造形の際に決まったもので、みんなで笑いながら毎朝、ちせはぬか漬けのぬかをこねているに違いない、という話をしていたら、そのネタが変形して今回のネタになりました。
  • なんだかんだ言って、ちせは侍なので、チーム白鳩の中では性格的にスパイに向かないキャラクターであることは、脚本打合せに参加しているメンバーの共通認識でした。
  • ちせに難癖をつける男子メンバーのモデルは某映画作品のボート部所属の方達です。多分。
  • 女性との決闘はかなり稀有な事らしく、本来はないそうです。
  • ちせが弾丸をスリングのように使う描写はコンテで追加されたものです。
  • そう言えば、脚本の最初の稿ではちせは秋刀魚も焼いていた描写がありました。
  • 堀河公がいるところはアルビオン王国内の日本大使館になります。

by 公式Twitter:BV湯川

回予告:第11話 – case23

アンジェとドロシーに告げられた新たな任務は、プリンセスの暗殺だった。 急ぎプリンセスのもとへ駆けつけたアンジェだったが、既にコントロールから派遣されたゼルダがプリンセスの護衛という名で監視についていた。 さらに、ドロシーとちせまでもがアンジェの前から姿を消してしまう。


Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。