Latest posts

【妹さえいればいい。】第11話 感想『主人公にさえなればいい。』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『妹さえいればいい。』第11話の感想を掲載している。

第11話『主人公にさえなればいい。』

STORY|あらすじ

伊月に頼まれて著者校を出版社に届けに行った京は、那由多の原稿を待ち続けている編集者・山県と出会う。自ら提案して那由多のもとへ出かけて原稿を書かせることに成功した京は、山県から大いに感謝される。京は編集者という職業への興味をますます募らせていくのだった。新刊が無事発売されたのを祝う会で、伊月たちは『ワンス・アポン・ア・タイム』という物語を作るゲームを始めるのだが、非常にカオスな展開が待っていた……。

REACTION|感想

2017-12-17
くそう…
今回も良い話ダナーで終わりやがった…

これだから妹さえは


2017-12-17
ボケなのかシリアスになのか忙しいアニメ


2017-12-17
真面目との落差の切り替えがうまいなぁ


2017-12-17
もうほんとこの流れずるすぎる


2017-12-17
那由多ちゃん起きてるじゃないですかヤダー!
テンプレ最高かよー!!


2017-12-17
最後だけいい感じにして
本編9割の無茶苦茶さをごまかすのやめろ


2017-12-17
やっぱり恥じらいのないぜん裸より、
恥じらいのある着衣の方がいいってはっきりわかんだね


2017-12-17
11話最高でした!!
伊月の那由多への気持ちもわかってこれからが楽しみ!
なんですけど来週最終回…もっと見てたかった…


2017-12-17
最後のシーン那由多起きてたよね・・・
なんか那由多話しかけずらくなるんじゃないかな・・・
みゃーさんどうなるのかな・・・
三角関係は嫌だよ・・・


2017-12-17
このアニメ全体的にひどい(褒め言葉)んだが、
最後の数分はシリアスでしんみりさせるので、
何かいい話だったと勘違いする(笑)
で、ED曲の入りがいつもすごくいい。


2017-12-17
物語作り。カードゲーム面白かったけど
これ本編と関係ないんだなぁ、面白いんだけど。

もっともこのゲームパートが
キャラの人格をうまく掘り下げてくれるのでそれはそれで


2017-12-17
伊月が那由多に告白しない本当の理由。
イチャつくだけでは済まされない意地がある。
そんなラストの伊月の本心は聞き逃せないとはいえ、
そこまでのゲームパートのインパクトは覆せなかった。

嫁入り前の女性3人に何回おちnちn言わせるんだwww
笑い過ぎて頭痛くなるわwww


668:
なゆちゃん大勝利ーっ!!
謎テーブルトークゲームでは側室に甘んじたけどリアルは相思相愛の正妻確定じゃん


669:
「とりあえず脱いで下さい」っていい言葉だわ…


672:
ベタだけどラストのカニちゃんは可愛かったな


673:
千尋くんもとい千尋ちゃん何気にあざといw
トークの方では思いっきりヒロインだったもんな!!
ちゃっかり伊月の正妻にもなって、千尋ちゃんが本気出せばワンチャンあるか


676:
あーやっぱり伊月は作家としての能力差を気にしてたのか


678:
ゼンラーランドさえいければいい
どこにあるんだよ?そんな最高の楽園は!!
みゃーさんはすっかりなゆちゃんの女になって裸の付き合いしてるな


679:
本当に下品な作品だな(褒め言葉)
あくまで作家メインの話で弟が妹ってのは主題じゃないあたりひねくれてるな


682:
流れるように全裸になるみゃーさんが好きです



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。