Latest posts

【ヘボット!】第47話 感想まとめ『すべてがNになる』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『ヘボット!』第47話の感想を掲載している。

第47話『べてがNになる』

STORY|あらすじ

隊長・春風ムラキ率いる『南極探検隊』の隊員は全部で10人。万年氷の下に眠るナゾの物体を調査しに行ったまま戻らない先発の隊員たちの救出と、さらなる調査のため、ネジが島よりはるか遠く、南極に建つ不気味な研究所へとやってきたのだ。生存者確認のため中を調べてみると、ついさっきまで誰かがいたような様子なのに、誰もいない。調査を続ける中でモエルが先発隊員の日記を発見!そこに書かれる不気味な出来事を読み進めると、あきらかに怪しいネジルの存在に疑いの目が向けられる。隔離されたネジルであったが、悲劇は起こった。隊員たちはナゾのアホ毛に包まれ次々とNになってゆく。生き残った隊員たちが考えを巡らせていると、なんと先発の隊員たちの姿が!しかしみるみるうちに黒いネジルの姿となり、そこへ黒いヘボットが現れる。邪悪らしい思想でボキャバトル仕掛けてくるが、ヘボネジコンビのウルトラコンボで見事打ち破った!そのエネジーで元の姿に戻ることができた隊員たちはネジが島に帰還するのであったが…。

脚本:神山 修一 絵コンテ:石平 信司
演出:髙山 智也 作画監督:糸島 雅彦/石川 恵理/渡辺 健一/山口 光紀

REACTION|感想

@dorfregen
今日の『ヘボット!』は今まで張られてきた大量の伏線が終幕に向けひとつの形をなしていく戦慄と、延々と繰り返されてきたある種意味不明のボキャバトルが唐突に精彩を放つエモさがたまらんかったですね……


@jackigudelhian
毎回シチュエーションコントの様な寸劇にまぶして、少しずつ少しずつ核心部分に近付いている……やっぱ一筋縄じゃないなこの作品。エグゼイドの計算され尽くしたシナリオとは全然違うアプローチで、狂った計算がされ尽くされたシナリオだ。


@tottoko_mikinko
今週もいろいろあったけど一番はチギル兄さん!
弟のネジルくんのためにアホ毛のエクステつけて(前に思わせぶりなシーンあったよね)兄弟だと信じているところに深い兄弟愛を感じました(;□;)
いい王子様や…(;□;)


@kou_semiquaver
今週の話ではっきりしたのは「ネジルは造れる」ってことか。
視聴者がネジルだと思ってた主人公のネジルもオリジナルネジルのコピーの可能性が出てきた。とするとマッピラジャとかマンドラがネ人造人間に改造されたというより、そもそも2周目以降のネジルは全部ネ人造人間…?


@kyoka_556
オールディスがネジルを連れてきたのも意味深よなぁ
オールディス=ゼロはほぼ確定なのか…?


@kokorokoko11
魂のないヘボットに、コトダマ(魂)の入ったネジ(ヴィーテ)を挿して心を持つヘボットが生まれた…?
もしかしてヴィーテの正体ってヘボヘボネジなのでは
干支ネジ挿すとヘボットは対応した干支ボキャの人格に変わってるし…


@ookina_fuku
ネジキール卿はゼロに限りなく近い存在であってゼロではない…
しかし相棒はゼロと共にいた黒へボット。
2代目ネジルがネジキールだとしても、周回ごとにへボットはマイナーチェンジを繰り返してるはずだし、ゼロのへボットとネジキールのへボットの違うところとはなんだ??


611:anonymous
いろいろあったけどムラキめっちゃ便利だな
ていうか卿ってそんな昔のネジルなの…?


616:anonymous
>>611
黒ヘボットが10万年前のヘボットならネジキールも10万年前のネジルになるよな


617:anonymous
>>611
元々ゼロに近いとは言われてたし


613:anonymous
まさか黒ヘボットが目覚めるとは
本当に最終章っぽくなってきたな


615:anonymous
シリアスモード突入と思ったけど、そんな事は無かったぜ!
最後までギャグで突き抜けそう
姫さまも容赦無く崩されたりしてw


627:anonymous
>>615
ギャグ調にぼかしてるだけで結構怖いことしてるよーな
チギルがネジルの本当の兄じゃないとかネジが島にネジルゾンビが湧いてきたとことか


618:anonymous
チギルは実子でネジルが義理の息子なのはわかってたけどやっぱり衝撃の展開だったな
黒ヘボットが邪悪な感じなのは奪われたあとに中に何か入れられたりしてるのかな


619:anonymous
水着、添い寝と来ていよいよシャワーシーンか
ユーコさん推しの俺、大歓喜やないか



623:anonymous
>>619
ヘイミちゃん推しの俺にも嬉しい回だった
一回限りキャラと思ってたけど終盤になって出番増えたな


620:anonymous
今回メチャクチャ重要な事言いまくってるのに全体のトーン軽すぎだろ
いや鬱アニメにされてもアレだけどさ


622:anonymous
脱線回なのに重要回じゃねーか!!
前回と違ってへぼさ丸見えのアニメが使い回しっぽいな


626:anonymous
楽しかった!
ギャグも楽しめたし謎が解明されてくくだりはワクワクもんだった。
チギネジコンビは前々から予想されていたが、エクステの理由がごくごくシンプルすぎて予想外かつ泣けるメェ。
「ワイの弟〜」で不覚にもほろりときたメェ。
だがキャミカスのシャワーシーンは写せ。


625:anonymous
来週の予告のヴィーテ姫、泣いてなかった?
泣いた理由が気になるヘボ


628:anonymous
泣いてるねー


638:anonymous
壊れてきているけど、現ネジルがネジルらしいのが救い。


640:anonymous
来週ついにハゲビキニ登場だな
まさかこいつがラスボスとか言うなよ…


651:anonymous
>>640
その展開はむしろ見てみたいわww


641:anonymous
ネジキール卿は失ったヘボットの代わりをたくさん作って
その相棒の黒ヘボットはネジルをたくさん作ったか

歪んだ絆の強さなのかな


643:anonymous
こんなに緊張感のない兄弟の秘密公開シーン初めて見た


645:anonymous
誰かがナグリにネジルを預けたと思ってはいたけど、それがまさかオールディスだったのは驚いた


646:anonymous
黒ネジルが増殖してる辺りは普通に怖かったわ
ギャグっぽくしてたけど


649:anonymous
来週にはネジキールと黒ヘボット対面できるんだろうか


652:anonymous
美少女がおしっこかけられてあざーっすは
いかんでしょ流石に

しかしホラーもシリアスもギャグでコーティング
してしまうヘボット節好きだわほんと。
でも今回も謎が残った。
チギルがネジルと出会ったところの記憶が
正しいとするなら姫は何故チギルを知らなかったのか
あと卿の記憶の兄は?


657:anonymous
ヘボット世界で言う周回って時間を巻き戻すんじゃなくて同じネジル物語という舞台を再演するって意味合いなのか
時間自体は進むから、らせん状に例えられるんだな

しかし黒ヘボは予想外にクールで格好良かったな


667:anonymous
>>657
ヘボットの世界の周回というのがそういう意味なら黒ヘボットが言ってる10万年は
同じことを繰り返した総合時間が10万年って意味ともとれるよね


659:anonymous
今回の物語、なんで複数のネジルが、
同時に同じ場所に存在できたのか
よくわからんのだけど・・・


661:anonymous
>>659
あれは各階層のネジルじゃなくて黒ネジでネジル化したものだから
ゾンビみたいなもの


662:anonymous
>>659
黒ヘボットが言ってた全ての周回が一つになろうとしている、ってやつだろう
前からチラホラ増殖していたのは確認されてたし


666:anonymous
たぶんモエルがほんとにネジルのライバル兼親友で
カスリーナが正ヒロインだった階層もあったん
だろうなあ過去には。
ヘボットとネジルだけじゃなくて色んなキャラが
緩んで劣化していっている感じか


668:anonymous
今考えたらチギル王子が「ネジルの兄チギル!」をやたら強調したり、ネジルを「弟」と呼んでたのは
ごくごく単純な理由だったんやな…。
ネジル王子も事実を聞いても全く動じてないが、彼にとっては父がジル、母がナグリ、兄がチギルってのは何があっても変わらんのだろう。
絆の強い家族キャミ。


671:anonymous
DXヘボット販促回の偽ヘボット達も、別の周回の本物のヘボットだったってことかな
ネジルがヘボット達を区別できなかったのも全部本物だったからか


673:anonymous
異なる周回のヘボットが同一に存在できるなら
やっぱりマカロニもどこかの周回のヘボットの成れの果てかもしれないし
なんならゼロヘボットがデリートされてもなお自我を通した存在の可能性も

なんで俺はマカロニについて真面目に考えてるんだ…



TWEET

ヘボット!【公式】@HEYBOT_official
9/10(日)第48話「ネジが島さいごの日」
ついに隠し切れなくなったオトナの事情!ヘボットたちにネジが島のビックリ仰天な事実が明かされる⁉ネジが島を守るため、この宇宙を守るため、最強チームが結成される─!


Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。