Latest posts

【灰と幻想のグリムガル】12巻 感想/評価/考察/レビュー

Comment [ 2 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは。2018年3月25日発売のライトノベル『灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)』のネタバレ感想・評価まとめを掲載している。

灰と幻想のグリムガル 12巻 感想

STORY|あらすじ

オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!「あたしはモモヒナ!であーる!名を名乗れーっ!」謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった―!?灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。

REVIEW|感想・評価

anonymous:
面白かった!
最近暗い展開も多かったけど、
ちゃんとオルタナに帰れそうで嬉しいし、
すごく冒険してて楽しいし、
意外な展開も作者らしさもいっぱいあって良かった!


anonymous:
前回までのシリアス展開はどこ行ったかと思うほどテンポいい冒険の話。
メリィの不死になった?ことの進展がなかったのはちょっと残念だった…
ランタはいまどこで何をしてるんだろう(;´_ゝ`)

早く13巻が読みたい( ´∀`)


anonymous:
しばらく続いていたハードな展開から一転、ようやく海にたどり着き、
同世界観の別シリーズ「大英雄が無職で何が悪い」のキャラも出てきて、
海賊と一緒に冒険という明るいお話でしたね。
相変わらず訳のわからない生物が沢山いて、
正体は判明しないまま進んでいくのが素敵。


anonymous:
とうとう『大英雄が無職で何が悪い』のキャラが出て来たな……
そして光の奇跡連発可能になってるメリィの力で
怪我しても楽々復帰になってるし、やっぱり回復魔法って強いな


anonymous:
ユメとランタがいないと
PT内の会話があまり続かなそうだけど、
果たしてどうなるのか辺りは気になるところ。
オルタナに戻ってからどう展開していくか?だよなあ…
次は6月みたいだから引き続き楽しみに待つということで。


200:
ハルヒロとメリイはもう完全にカップルやね
ここ数巻ずっと人里離れた所で逃げ回るような話だったし、
久しぶりにまっとうな冒険話で面白かった
でもユメは正直セトラの代わりにリストラされた感が否めない


213:
メリイがスペックの割にそこまで活躍しないけど恋愛面ではかなり進んだな
というか今回はクザクが頑張りまくった以外は戦闘より冒険メインか
あっさりヴェーレにいけそうで話も進んで良かった


219:
十文字の宣言通り絶望感成分無くて良くまとまった一冊だった
寿司で言うガリみたいな巻だったなw
ユメは半年後のピンチに強くなって合流する流れかな?
これから自由都市に帰還するんだろうが帰還したら
メリイが目をつけられて暁連隊から離反する怒涛の展開かな?
心臓に悪そうだけど楽しみ。


927:
読了
重い話続いてたから超楽しかった!
所々笑いながら読んで満足
セトラの踏んづけてるイラストが堪らなかったわ


935:
セトらの踏み付け絵は最高だったがなんでクザクの裸挿絵が2枚もあるんですかね…


925:
締めが酷いなこれ何の脈絡もなくいきなり過ぎるだろ流石に


928:
ちょっと酷い内容だったわ
なにも次につながりそうにないし
メリィもスルーしときましょって感じだし

あと挿絵へたくそだわ
クザクの顔と体のバランスに違和感感じる


940:
12巻読了
新章との間の幕間編って感じだったな
ランタは影も出てこないし、ユメは半年カンフー修行に行っちゃうし、
どんどんメンバー変わっていくな
初期メンバーはハルヒロとシホルだけになってしまった
でも大金稼いだからオルタナのギルドで
相当装備やスキルを上げることができるだろうし
かなり先行きはいいな
ユメもランタも帰ってきたら相当なパーティになれるんじゃないか


929:
なんか展開が突然すぎるな
どうせなら船を沈没させた方が良かった


949:
まあ言われてる不満点は概ね同意できる
ただドラゴンと大英雄キャラが出てきて冒険しましたって感じ
でも、大英雄が好きな人にはたまらん巻だったんじゃないか?

ハルメリの関係が進展しそうなのと戦闘力不足だったユメにテコ入れ入ったので次巻が楽しみだわ


941:
このすばみたいに大きい家を買ってみんなで住む展開希望w


944:
4巻でオルタナを出発するまで結局あの格安義勇兵専用宿舎でずっと寝泊まりし続けたんだっけか
大きい家を買うのはともかく普通の家を借りて皆で住むのはありだよな


950:
何かあまりにも今までの作品内空気感が違いすぎて別のラノベ読んでる風だったわ
原作者未監修の適当なアニメ脚本家が描いた映画ドラえもん夏の大冒険って感じ
ぶっちゃけ今巻読まなくても普通に話繋がりそうだわ 取って付けたようなユメ離脱はあったが


951:
11巻あたりでもユメ強くなりたい的な事言ってなかったっけ?
少し唐突な感じはしたけど、モモヒナとの会話もあったしなあ
ユメだけパーティメンバーと比べると実力で置いてけぼりになってたし
一人で思いつめて波長の合うモモヒナに師事するのは割と自然じゃね


952:
事実ユメは足手まといな印象は強かったもんね
狩人にカンフーはどうなんだろうとは思うけど

大金についてはどう使うのかの方が興味ある
路銀にしては多すぎるし、かといっていい装備は金を出せば買えるのか疑問だし
次巻の頭で何か起きていきなり1割ぐらいに減っても驚かないぞ


953:
金は何らかで綺麗に使い切るか失うかすると思う
自分たちの以外のことで


954:
十分頑張ったし一生分くらいの苦労もしたからオラリオに着いたらお店でも開いてのどかに余生を暮らしてほしいけど無理なんだよな・・
暁連隊に入ってさえなければ一生分のお金もあるから義勇兵続けなくてもいいのにな


960:
久々の冒険回だったけど7巻みたいなのとちょっと違う感じだったね
状況が落ち着かなかったからかもしれんがメリイさんに話ちゃんと聞こうよ

たしかにユメちょっと戦力的にあれだったで強くなりたいっていうのはわかるけど狩人とクンフーはどうなんだ?ってかんじ
次回はもうオルタナついてて各自のパワーアップてこいれ回になるのかな?


961:
多分ヴェーレでお金をほぼほぼ使いきるイベント起きそう
けどそのおかげで事態が好転するみたいな


963:
割と駆け足だった気がする。特に後半、竜の巣あたりの話にもっと尺を裂いてほしかった
メリイの話は割と物語の根幹に関わって来そうだからしばらくは引き伸ばされて振れてもらえなそう
ハルヒロのスランプとかレシーバーの故障とか問題も出てきたしそのあたりは次巻あたりで解決してくれるといいな


964:
あとがきでライヴ感で書いてる強調するのがわかるくらいに
今回はキャラに動いてもらってた感強かったな
最初はさすモモヒナ展開でうーんだったけどキサラギが元気でやってるのがわかってどうでもよくなった


966:
今回の話は大英雄が無職を読んでるかどうかで評価が分かれる内容だったんじゃないかな~
読んでない人にはコレジャナイ感がヤバいと思った


968:
ある意味で大英雄の続きを待ってる人への話でもあったからなぁ
なんやかんやあったけどあいつらは元気でやってるぞ って巻だったし


975:
グリムガルらしくない巻ではあったな
多分この作品読んでる人はこういう話は求めてないとは思う。
落ちこぼれ義勇兵達が落ちこぼれなりにもがむしゃらに前に進むって感じだしなーグリムガルって

でも長いことハルヒロ達に付き合ってるからか素直に良いことあると良かった良かったと思える自分もいる


977:
まあ後半のとんとん拍子っぷりはらしくないな
でも大金はまず間違いなくほとんど手元に残らないだろうしスランプは明らかな成長フラグだから続きは割と楽しみ
こういうのが続くようなら切るかどうかの瀬戸際でもあるが


978:
普通に面白かったな
新しい渾名の件もハルヒロらしくて良かった
ユメに関しても前から伏線めいたのは度々貼られてたし悪くないな


980:
クザクが一騎打ちする場面が良かった
クォレラ戦でパワーアップ描写の伏線から殺意増し増しの決闘ですよ
プロレス感があって観客が沸くのも納得だったし非情に楽しめた。
後、モモヒナ戦でアサルトの限界が見えたのも良かったね。本物の天才にはまだ通じないのがハルヒロっぽい


981:
大金得ても義勇兵続ける気満々だしヴェーレで服やら買ったら残りはポンと大事な事のために使っちゃいそう。
ゲーム的にはイベントアイテムとして大金を入手したみたいな。
ユメの離脱といってもオルタナでちょっとみっちり修行積むのの変則みたいなものだしヴェーレで買い物してちょっと一波乱あってからオルタナ戻ってギルドで修行でもすればすぐ半年になるんじゃないか。


982:
今までで一番つまらなかったな
上手く言えないけどコレじゃない感が凄かった


986:
別につまらないって事はないし大移動する船の前で必須の事件解決して乗船権ゲットイベントってだけだと思うが
なんかつまんないって人は具体的に何がつまらなかったんだ
メリイの事でもっと陰鬱でも詳細がわかる話が続くと思ってたのか


987:
今までで一番つまらないはいいすぎだろ8,9巻に比べたら


992:
なんつーかここまでならないと抱きしめられないんかねえと、メイン二人に切なくなったわ
メリイの事情が解決してないからイチャイチャも素直に楽しめん
減点とかあーんとかやってた時がもう懐かしいわ


993:
場合によってはこの巻でメリイ失踪するかと思ってたから骨休み回でよかったよ
ハルヒロはこの巻だけでだいぶ逃げられフラグ立ててたけど


998:
12巻はマジで微妙だな
自分のワーストが6巻からこれになりそうなくらい微妙


999:
大英雄好きだから今回のは好きだけど
まぁ人によったらワーストになりそうなはわかる


11:
囚われの姫プレイからやっとメリイとおさわり出来るとこまできたな遅すぎんぞ
ユメは最近喋っても人外となってたし一旦リセットするのは正解だわ
次は自由都市だがオルタナみたいに預けられるとこあんのかね?


12:
ここのところ四面楚歌までいかなくともやばげな状態でもがくのが続いてたから
今回の格上の仲間いて帰る拠点もあるてのがなんとも言えない空気感にしてるのかなあ
ロックス達やジェシーの時は状況も状況で仲間て感じでもなかったし


35:
今回の話は、大英雄の回収とハルヒロが強くなるための布石かなと思ったな。
冒険活劇をやりたかったと思った次第。
義勇兵から冒険者になってもいいとも感じたね。


36:
義勇兵を一生続けるだけがグリムガルに送られた人間の人生じゃないからね
ダルングガルに行ってからはそんな元義勇兵との出会いも多いし



Latest posts: ラノベ / 感想まとめ

Pocket

2件のフィードバック

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    ハルメリの進展となんとも言えないもどかしさ、ハルヒロが事あるごとにランタを思う描写、クザクとムァダンの熱い決闘、ドラゴンライダーになったゴブリンスレイヤー、そしてユメとのしばしの別れ。。。
    一言で言うと最高でした!続きが早く見たくてしょうがないです。
    ただ一つ難点を挙げるならそれは1冊のボリュームが物足りない点です。
    十文字 青先生?私個人としましてはlevel.7くらいの厚さでも全然かまわないんですよ?ww

  2. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1UL
    より:

    アニメはみていて、最近原作を読んでみるかとKindleアプリで読み始めたら2週で最新刊まで読み終わってしまった、、、
    モグゾーやランタ、メリイそれぞれの運命には心を揺さぶられました
    今巻はやや強引?な展開にも感じられるかもしれないですが、どうやら別作品とリンクしてファンサービス的なストーリーだったからですかね
    ユメの離脱は虚を突かれましたが期間限定みたいなので楽しみでもあります
    ハルヒロとメリイの関係、セトラはどう動くのかなど気になるところは多いので今後期待です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。