【時間の支配者】第5話 感想まとめ『善悪の彼岸』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『時間の支配者』第5話の感想を掲載している。

第5話『善の彼岸』

STORY|あらすじ

オリジナルの時の契”UNIQUE”の所有を賭けたヴィクトとアイスレーダーの一騎打ち。
一流のギャンブラーが神に仕掛けるトリックとは。
一方、霧とブレイズは相反する水と炎の力をぶつけ合う。
それぞれの戦いにもたらされる意外な結末。

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:渡辺純央 演出:熊谷雅晃 佐々木純人 総作画監督:丸山修二

REACTION|感想

@meteo_1013
ブレイズめっちゃええやつやんw


@yuquna
時間の支配者 5話。
霧の盗みもとい交換した話を聞きながらミーナ戦わなくてよかった、と心底思った。ブレイズ君の過去はまあ極端な大人達がいたたものだなというのと酷い話でもあって、でもどんなに悪人になろうとも根っこは変えられないよね。
付き合うのは面倒そ…大変そうだけど良い奴ぽい。


@souseiyuu 
前回同様に話の流れ自体は極々普通で視るべき部分も無いけど、戦闘シーンのアイデアは良く練ってあって面白いんだよなぁ…。速度を変えるだけでこれだけのアイデアが出るかと感心すら。如何にも台湾の作者というかそういう感じも。う~ん、う~ん、どうするかなぁこれは(滝汗)。


@istavan570saka1
ミーナちゃん、入れ替え故、後々窮地に陥りますな。
はぁ⁉義兄弟?ブレイズ、いい子だけどバカw霧の顔たのし。

神のルールって、ズルいじゃん。
最後まで軽いし気障なヤツ、ヴィクト。

前回あたり切ろうかと思ったけど、続けてみよう、と思い直した。


423:anonymous
火のやつがいい奴でワロタ


425:anonymous
今週ちょっと面白かったぞ


427:anonymous
10年以上前のアニメかと思うぐらい作画がやばいシーンがちらほら
あと主人公の能力トランプの絵柄の位に合わせて威力上がるやつだったのね


428:anonymous
少年Aのまゆ毛に面影があったw
発想がおかしいだろと思いながらも馬鹿も1周回るとまあいいやと
とりあえず家族がどんどん増えるのかな


433:anonymous
神様負けちゃったね
トランプより好きだったのに


434:anonymous
前回は能力の読み合いや裏のかき合いでちょっとは面白かったのに
今回は唐突でタルい過去回想に不幸自慢バトルでまたつまらなくなった
「取り替えておいたのさ!」で盛り返すかと思ったら水弾をひたすら撃つだけの単調な戦術
挙句に下らないギャグ決着かよ


437:anonymous
金髪の「いーだろぅ、昔話をしてやる!」ってのが唐突過ぎるだろ。w
しかも、CVがド下手糞だし。


438:anonymous
ドヤ顔でペラペラ喋らないと描写出来ないクソバトルにうんざり
敵が驚く→ドヤ顔で「実は~~の仕掛けをしておいたのさ」こればっかり


441:anonymous
>>438
普通に考えて悪ガキが疑われるはずだけど、それを覆す決定的な偽りの証拠を用意してたのかな?
最後に悪ガキがニヤっとしたとこ以外に説明有った?


442:anonymous
>>441
二人そろって捕まったなら、良い子ちゃんの方は擁護されるよな普通
「この子がこんなことするはずない」とか「悪ガキがそそのかしたんだ」とか


439:anonymous
減速を打ち消すための加速が重複して、
物凄い威力にって説明の意味はわかるけど、
そんな都合よく加速減速の効果範囲って変わるもんなのか


444:anonymous
オープニング曲がだんだん癖になってきた
ひと昔前のアニメオープニング感が落ち着く


446:anonymous
主人公が活躍するときの
ててってーれってー、てっててーれてってれー
っていうのも最初はダサいと思ってたけどだんだんクセになってきたわw


448:anonymous
レトロな趣きにスカしたセンス、今どきトランプかざしてカッコつけてるようなこっぱずかしさも威風堂々としたキャラクターの立ち振る舞いを見てると「もしかしてカッコ悪いと思う俺が間違っているのでは?」と根底から価値観を覆されてしまう勢いがある

存在と虚無、善悪の彼岸など、サルトルやニーチェの哲学書からサブタイトルを戴いていることも厨二的に興味深い


450:anonymous
圧倒的な強者として描写されてるはずが余裕の無い小物っぽく見える神様


456:anonymous
戦闘が後出しジャンケンばっかだな


Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。