Latest posts

【3月のライオン】第39話(2期 17話)感想『焼野が原①/②』

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『3月のライオン』第39話(2期 17話)の感想を掲載している。

第39話『焼野が原①/②』

STORY|あらすじ

零と二海堂が大盤解説をまかされた、柳原と島田の棋匠戦最終局。棋匠の座に長く君臨する柳原だけあって、前夜祭の会場ではほとんどの記者や関係者が旧知の仲。挑戦者である島田はその圧倒的なアウェイ感に気圧されながらも、何がなんでも初タイトルを獲ると意気込む。

REACTION|感想

2018-03-03
今日の演出いつにも増してヤバい


2018-03-03
どっちも応援したくなるわー
かっこいいなー


2018-03-03
経験をつんでる大人な2人は格好いい。
素敵な回でした。


2018-03-03
相変わらず演出がすさまじい将棋アニメだ……


2018-03-03
さいっこうに痺れた……
地味な病弱おっさん2人の戦いなんだけど
めちゃめちゃかっこいいんよね


2018-03-03
ここで引くか…
零くんの快進撃も熱いものがあるけれど、
お互いに重いもん背負って戦う年季の入った将棋も良い..


2018-03-03
アニメならではのキャラが背負ってる想いと掘り下げ演出素晴らしかった


2018-03-03
いやぁ〜画といい声といいシブい回だった。
柳原棋匠、かっこよすぎる…


2018-03-03
柳原さんと島田さん、どちらが勝っても嬉しいし悔しい。
それぞれにドラマや思いがあるから、戦いって奥深いんだね。
残された気持ちって、どんなだろう。
あのたくさんの襷一つひとつが重い……。


2018-03-03
ただ渋く、重厚な回だった。
ここまで行く境地って、自分にはまだ全く実感が湧かないけれど、
清濁併せ呑みながら全てを懸けてきていることが伝わってくる。
素直にどちらかに肩入れさせてくれないところが、この作品の大いなる良さだと思う。


2018-03-03
柳原さんの無数のタスキに纏わりつかれたシーンは重いよなぁ。
孤独な強さ。試合中も身体に纏わりついてくる。怖い。
でもかっこいい、、、白い炎。今週は試合の緊迫感で終わったやね。


2018-03-03
『ああ…重てえなぁ…。』
棋匠戦立場弱えぇぇぇーーっ!というギャグ回かと思ったら、
渋い男達の生き様をまざまざと見せつけられたよ。

『今日もまた火達磨になって、存分に苦しんでやろうじゃないか!』

決して派手ではないけれど、心に染みる熱いドラマだ。


2018-03-03
このストーリー、どんなふうに描かれるのかと思っていたら。
おびただしい数の襷。焼け野原に立たずみ、そして、進んでいく柳原さん。
素晴らしかった。胸を突く映像。とてもとてもよかった。


2018-03-03
柳原棋匠に絡む夥しい数の襷、その一つ一つが意思を持って取り付き離さないあのシーンは本当におどろおどろしくさえあって印象的だったんだけど、アニメで動くのを見ると息苦しくなった。(息を潜めて食い入るように見てた)
原作を読んだ時、あの襷、包帯のように見えてたんだよね…。


2018-03-03
柳原と島田さんの棋匠戦。
登りつめ、いろんな人の想いを託された者の孤独や重圧、鬼気迫るものがありますね。
燃え尽き何も残らない茫漠とした焼け野原、
その入り口でまさに「焼かれている最中だ」とのたまう柳原の美学。
まだ枯れるつもりはないようだ。かっけぇ



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。