Latest posts

【3月のライオン】第27話(2期 5話)感想『想い/告白』

Comment [ 1 ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、アニメ『3月のライオン』第27話(2期 5話)の感想を掲載している。

第27話『い/告白』

STORY|あらすじ

いじめについて元担任の林田に相談する零。林田は様々な例を挙げ、「いじめられている本人がどんな解決を望んでいるかをちゃんと聞くことが大事」とアドバイスする。そして零は自分にできることを必死に考えた結果、解決に必要な経費を対局料から捻出しようと思い至り、これまでにないほど熱い思いで対局へ向かう!(でも、電卓を持って川本家に飛び込まんとする零の熱意はちょっとズレてる?!)

REACTION|感想

2017-11-11
今日は、前半クスッとなり、
後半はおじいちゃんや、あかりさんの言葉に胸が痛くなる。

泣いてしまうな。


2017-11-11
もう泣ける…お姉ちゃんの気持ちがね


2017-11-11
2期5話視聴。今回も泣けたな。
ひなたの一件で零くんの本気度が
かなりズレた方向に行く不安あったけど、
零くんの一言であかりさんも救われた。
零くんは決して忘恩不義の子じゃないよ。


2017-11-11
傷を抱えた人にそっと寄り添ってくれる想いが温かくて涙が出る。
アニメを見終わるたび、7巻まで読み返してしまいます。


2017-11-11
今日の回もすごく好き
前回のおじいちゃんの言葉は正論やし、
ひなちゃんには救いの言葉やった
でも、今回のあかりさんの言葉は
本心で家族のことが大切やからこそ出てしまうこと
先生の『いじめに答えがない』のも本当で、いろんな視点から考えることができる


2017-11-11
あかりさんと零ちゃんの心中の告白のシーン、凄く好き。
あかりさんのなかなか吐き出せない本音の告白、
それを零ちゃんの想いの告白で救う。
零ちゃんのこういう感じ、本当に頼りになる。
あと、おじいちゃんがやっぱりかっこいい


2017-11-11
2期5話視聴完了。
またずっと泣いてたじゃねぇか、コノヤロウ。
川本家の皆には笑っていてほしいよ。あかりさんもな・・・
そうだよな、苦労してるんだよな。
苦労とは思ってないんだろうけど。
そして、零・・・暴走しすぎだw 落ち着けw


2017-11-11
漫画読んだ時も
この辺りのエピソードはつらかったし、
声がつくとよりその思いが迫ってくるけど、
合間合間にはさまれるコミカルなシーンで
暗くなりすぎない、ってのが絶妙のバランスすぎて神


2017-11-11
林田先生のカッコいい回…のはずなのに、
零ちゃんの天然にすべて持ってかれる感じが良き(笑)
底抜けに笑えはしないけど、少しホッとするね。


2017-11-11
この30分間の中でこんなに笑って泣ける事ある…?
漫画でもそうだけど、数ページの中で
こんなにも笑いと涙がスッ…と共存してるの本当に凄い。
心の触れ幅が大き過ぎる。だからこそ自分の事のように響いてくるんだよなぁ…(´;ω;`)


2017-11-11
あかりさんの気持ち、
ものすっごく分かるよってまた泣いた。
うまく立ち回ってほしいし逃げてほしい。
大人側の葛藤まで描いてくれてありがとうって思った。
本人がどうしたいかじっくり聴くこと…忘れないようにしたい。


2017-11-11
感情の動きが忙しいよ〜。
胸がきゅーってなったり、暖かくなったり。
人生に無駄なことなんて何もないよね。
成長するために前を向くために笑顔になるために、きっときっと必要な事。
ひとりじゃない。誰かはみててくれる。信じてくれる。
この作品に出会えて良かった。


2017-11-11
林田先生の教師としての力量とギャグ絵のギャップ、
いじめが解決しても学校での居場所を失った女の子の影が割れる演出、
夕陽が差す台所であかりさんと零君が野菜の下ごしらえをするシーンなどなど、
今回も作り手の思い入れが見える良い回でした。


471:anonymous
イジメについての語りはなかなか的を射たところもあったけど
全体として暖かい雰囲気でなかなか良かったわ
「電卓を片手に恩人の女の子の人生に介入」という
先生の分析で吹いたw


477:anonymous
今回はギャグ風味で安心した
とりあえず桐山、金のことより先に雛の話を聞いてやれ


478:anonymous
林田先生の反応面白すぎる
零のひなたに対する語りも熱すぎる
好きな子からのプレゼントとかいいなあ



Latest posts: アニメ / 感想まとめ

Pocket

1件の返信

  1. マイナス評価をする -1 プラス評価をする +1anonymous
    より:

    光速の30分。
    ひなちゃんの言葉が零を救い、
    零の言葉があかりさんを救う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。