Latest posts

【MAJOR 2nd:メジャーセカンド】第113話 感想まとめ【サンデー2017年46号】

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、漫画『MAJOR 2nd:メジャーセカンド』第113話のネタバレ感想を掲載している。

第113話『スーパーリード 』

週刊少年サンデー2017年46号掲載
2017年10月11日発売

ストーリー(クリックで開閉)

REACTION|感想

569:anonymous
中学生にしてはかなり高度な野球ちゃうか?
睦子をどう立ち直らせるか気になるな。


570:anonymous
大吾が睦子の耳元でこう囁けばいい
「もしこの試合勝ったら…うちに泊まろっか」


573:anonymous
まじで高度な戦術やんけ!


575:anonymous
またトンデモ要素をぶち込んできたな
バントしねーのかよw


576:anonymous
これ大吾がキャッチャーやらざるを得なくなる展開じゃないか


577:anonymous
卜部タイムリー→アンディ3ランかねこの流れは
もう初回で試合終わるやん


578:anonymous
そしてこの試合でアニータのキャッチャーとしての弱点も浮き彫りになるんだろうな


591:anonymous
なお、47号予告ページの「重大発表アリ!!!」は
スポーツ新聞の見出しを模しただけ……かもしれない
映画コナンの20大重大発表も17~18くらいは重大でもなんでもなかったし


593:anonymous
これがチャンピオンなら重大発表ありと期待させておいて
ミュージカル化とかでガックリとかしょっちゅうだが
サンデーなら10中8、9アニメ化だろ。
元々最初からいずれアニメ化は間違いないと見られてた作品だし。


594:anonymous
先制点というか一発被弾するまではアニータは変えないと思うけどなあ。
問題はアニータがどこを守るか。
丹波さんが外野だったら送球は大丈夫だと言ってたから
丹波さんレフトでアニータが空いた一塁守るというのは流石にやらんか?


596:anonymous
まあ捕手が交代後どこを守るかと考えたらまずはファーストかと思うが
代わりにマスク被るであろう選手が外野なので
単に入れ替わるだけだろうね
サードのカバーという大事な仕事があるポジションだが


599:anonymous
卜部がまさかのバントで1アウト2・3塁からのアンディ犠牲フライで先制かそれを読んでいたバッテリーが進塁させずアンディもゲッツーに取って別の意味で拍子抜けさせるのかなあ。


628:anonymous
なんかだんだん睦子とアニータがコンビっぽくなってきたな
このまま捕手アニータでいくかもね


630:anonymous
>>628
大吾の指示通り動くこと前提だろうけど
睦子は当然としてアニータも信者になりつつあるからな


637:anonymous
監督優秀そうかな


643:anonymous
>>637
いかにもかませチームの野球でワロタ


645:anonymous
>>637
こういう小物監督が出てきたら
相手チームが負けるというパターンを
私はいくつも知っています(`・ω・´)


640:anonymous
清和の監督いろいろな説が出てたけどただのモブキャラだったな


644:anonymous
スーパーリードw


647:anonymous
「フフ…」笑いはまずいよな。
最悪、三船西中監督コースまで 悪堕ちする可能性もあるんじゃね
一回戦の監督もなかなかの策士だったが、
そういう悪人笑いを しなかったから普通の人のままで終われた


673:anonymous
完璧超人と化して付け入るスキがない卜部が
応援にやってきた大吾姉を見て突如コントロールを乱すのかな


674:anonymous
卜部たちにはさすがに負けるだろ
野球やっぱやーめた!とかやってる間もずっと卜部は練習してた
大吾が風林ギャルズといちゃついてるときもずっと卜部は練習してた
ずっとずっと卜部は練習してた


680:anonymous
>>674
(´;ω;`)


676:anonymous
イチャついてるというより脳筋軍団の統率で
鞭と飴を一人でやらないといかん分だけ
自分の練習時間とかが取れないから
アニータがやらかしてダイゴが踏ん張りを見せるも
追い付けず惜敗ならまだ解るけど大敗なら嫌われダイゴの青春時代まっしぐらだわ。


677:anonymous
まぁ卜部は二世選手にことごとく苦汁を
味わってきてるから今回ぐらいは勝たせてあげてもいいんじゃね



Latest posts: 漫画 / 感想まとめ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。