Latest posts

映画『仮面ライダー アマゾンズ 最後ノ審判』感想/評価/考察/レビュー|生きる、食べる、殺す、生かす

Comment [ - ] >> Leave a Reply
Pocket

このページでは、特撮映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の感想・考察まとめを掲載している。

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 感想

STORY|あらすじ

Amazonプライム・ビデオ初の日本オリジナル作品として2016年に2シーズンが配信された「仮面ライダーアマゾンズ」を映画化。配信版シーズン2の後の物語となり、人工生命体「アマゾン」をめぐる新たな計画や、水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガと鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファの信念がぶつかり合う激闘が描かれる。人間による人工生命体「アマゾン」の殲滅作戦が佳境を向かえ、残りは生存が確認されている2体のアマゾン、水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガと鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファを狩れば、すべてが終わるはずだった。しかし、アマゾンをめぐる新たな計画「アマゾン畜産計画」や謎の養護施設の存在が明らかになり……。

REVIEW|感想・考察

anonymous:
賛否両論ありそうだけど
アマゾンズならこうでしょ!ってのを
全部やってくれたので大満足です


anonymous:
重い、重かった。
最初は怠いところも有ったが途中から目が離せなくなった。


anonymous:
面白かった…仮面ライダーでここまでやるとはな…!
見終わった後、肉食べるの躊躇してしまう…


anonymous:
「畜産」っていう新しい設定で広げたように見せて、
やっぱりテーマは一貫してて、むしろ収束させてる

まさに完結編っていう印象


anonymous:
意外と劇場版だけでもしっかり観られるようになってる。
それはテーマがしっかり描かれてるからで。
90分の中で人が食って生きる本能の極限が余すこと無く突き詰められてる。
もっと宣伝して広まっていけばいい。
日本のエンタメで最高の映画だった


anonymous:
生きる為には食わなくちゃいけない
食うためには殺さなくちゃいけない
命に向き合う映画だった


anonymous:
いやー、面白かった!
脚本家が靖子にゃんじゃなくなったので、
正直ちょっとだけ大丈夫かな?って思ってたんだけど(失礼)、
そんな心配、いらなかったね。

オチはもう、その道しか無いだろうなあ、という感じで納得でした


anonymous:
食べること…生きること…
ビックリする程酷い設定に胃が痛くなる思いでしたが
ここまでアマゾンズ見てきて良かったと思える作品だった!

これで…良かったんだよな…?


anonymous:
予告でも出てる「畜産」というワードから来るストーリーのテーマが恐ろしく重く、エグい…
後、シーズン1メインの面々のシーンで泣きかける…
描写が描写だから「いただきます」をちゃんと言って残さず美味しく食べるのは義務だと痛感しますな…


anonymous:
映画の内容はとてもよかったです。
憤りを感じるシーンあり、涙が滲むシーンあり、シリアスな笑いが所々にあり、
演技が自然すぎて気づくのに遅れたけれど、悠と仁さんの叫びが凄まじすぎて圧巻。

駆除班と4Cがさらに好きになりました。


anonymous:
シンプルに大雑把に言うと生命は生きる、食らう、奪う、生かすで構成されてる。
アマゾンズはシリーズ通して貪欲に容赦なくその真理を突き抜けてきたけど、
劇場版でその生々しく凄惨な欲望を受け入れさせる答えが用意されてた。
そう言った意味でほんとにアマゾンズの完結だった


anonymous:
視覚以上に状況が地獄、悲惨で痛ましい展開。
執念だけになった悠と仁の戦い、そこから伝わる強いメッセージ。
アマゾンズは間違いなく”誰も見たことの無い仮面ライダー”として最後まで生き抜いたんだと思う。


anonymous:
・千翼とイユの存在がまるで感じられない
・黒崎と礼森が二期を通ったようには感じられない
・局長も会長も何もなかったようにピンピンしてる

んで、なんというか
1.5期SP!といったら納得するんだけど
2期を通ったあとの完結編としてはなんか納得がなあ…


anonymous:
光や風景カットが効果的に挿入されたり、
シーン構成が上手くてストーリーの邪魔して来ないのがただただ映画として素晴らしい。
もちろんストーリー面も秀逸で、一本の映画としても、シリーズものとしても手堅くまとまってた。
歴代のライダー映画の中でも完成度が抜群に高い。


anonymous:
観てきたけど、なんだかやるせない結末だなぁ
仁さんがどうなるかは想像通りだったけど、悠はちょっと意外
あの後どうなるかは気になるけど、ここで終わらせてあげてほしい感じもある


anonymous:
内容がドギツイのは始めから判っていたけど、
その分「命」というものをよりリアルに感じ、
それだけに愛が深くて哀しくて、「生きろ!」という根底のメッセージが強く胸に残った映画でした。

感動とはまた違った涙が止まらなかった
素晴らしかったです。
ありがとう


989:
色々考えさせられる映画だった


967:
期待した程ものすごいものではなかったけどまぁ無難に終わったね
アルファと黒崎さんが格好良かった


13:
予告編見てこんな話なのかなーって思ってたのをそのまま見た感じ。
ある種期待通りと言えるけど、サプライズみたいのも無かったしそこはちょっとなぁ

話のテーマ的に家畜として食うか食われるか、ってのも悪く無かったと思うけど
シーズン1でやったテーマでもあるし、二時間枠にはちょっと物足りなかったかな…
そもそも話聞いてても家畜アマゾンが説得力に欠けて、絵的に地味なのが痛い
ネオアルファのガトリングとチェーンソーは良かったけど尺的に中ボスみたいな奴も欲しかった


16:
見てきた
確かに予告の域は出なかったけど特に蛇足もなくまとまってたから良かった


15:
御堂って自分を人間扱いしてたが
仁さんみたいに自分の体にアマゾン細胞入れたんじゃなくアマゾンの鎧をつけているようなものだったのか
それとも自分もアマゾンの一体と考えてる仁さんの方が変なのか


20:
>>15
これが1番気になるところだったな
多分わざわざああ言ってたということはアマゾン細胞の移植はしていないんだろうと思う
御堂はアマゾンを完全に見下していたし


19:
最後の局長のとこだけおいってなったけど全体的によかったと思うよ


48:
面白かったけどところところガバが見られるのが玉に瑕
なんで仁さんにベルトつけっぱなしにしてるんだ……
あと橘さん政治家に、生物兵器が守るので大丈夫って言ってたけど、
護衛対象の近くにいないのに守れるわけないだろ!
というか暴れ出すアマゾンなんているだろうに、対策してなかったのか?


75:
見てきたけどこれダメだよ…
仁さん殺しちゃ全然ダメ、生きて罪償わせなきゃ
宗教臭い連中の雰囲気さはなかなか良かったけど
序盤の掴みも弱すぎるし、
アクションが一番良かったところも4Cのコンビネーションとか無いし
あぁ、あと園長先生の悪役っぷりは良かったです
本当に完全に終わらせるなら局長と母親は死なせるべき
これ仁の人生の完結編であってはるかの物語終わってないじゃん


97:
ほぼほぼ予告編通りでサプライズも何もなかったけど、
最後にシーズン1と2の主題歌流したところでもう5000兆点つけるわ
取り敢えず俺はネオ素体が一番好きだったのであのマジキチ生物とサプライズで戦ってほしかったな
シーズン1、2、映画も仁さんと悠の物語だったね


99:
最後のギャグだけダメだほんとに


997:
普通に親子連れ結構いたけど子供は楽しめたのだろうかと心配になった
サプライズ的なものはなく無難に終わった感


980:
全然終わってないやんけ!
仁さんも生きてそうだし
ジャングラー引き継いでるの観て
仮面ライダーアマゾンになるまでやるんかなと思った


106:
悠は美月との話まだ掘り下げられそうだし
元凶のジジババ制裁されてないから続編でないかなー


987:
綺麗かどうかはともかく終わったんだしこれでもう終わりでいいじゃん
これ以上は蛇足だよ


988:
終わり方はともかく完結って銘打ってるんだからこれ以上はやらないでしょ



Latest posts: 特撮 / 映画

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。